労働問題を扱う弁護士事務所リスト【東京】残業代未払い・不当解雇など » 労働問題に力を入れている都内の弁護士事務所 » 土屋総合法律事務所

公開日: |最終更新日時:

土屋総合法律事務所

1965年に故・土屋公献弁護士(元日本弁護士連合会会長)によって銀座に設立された「土屋総合法律事務所」は「依頼者のために最善を尽くすこと」がモットー。労働問題への対応を中心にご紹介します。

土屋総合法律事務所の労働問題の料金体系

相談料 初回30分5,500円
着手金
  • ~300万円:8.8%
  • 300万円超~3,000万円:5.5%+9万9,000円
  • 3,000万円超~3億円:3.3%+75万9,000円
報酬金
  • ~300万円:17.6%
  • 300万円超~3,000万円:11%+19万8,000円
  • 3,000万円超~3億円:6.6%+151万8,000円
内容証明郵便作成 5万円程度

※公式HP記載の税抜き価格に10%分の消費税を加算した金額です。

※着手金・報酬金ともに民事訴訟事件の例です。

※相談料のうち、30分以上・2回目以降の金額は公式サイトに記載がありませんでした。

※着手金・報酬金は民事事件の一例です。詳細は各案件を協議したうえで提示されます。

※その他、実費・日当などが別途発生します。金額の詳細は土屋総合法律事務所に直接ご確認ください。

土屋総合法律事務所の労働問題解決事例

土屋総合弁護士事務所事務所の労働問題関連の事例はWeb上にありませんでした。

残業代未払いや不当解雇など労働問題で実績のある弁護士事務所を見る

土屋総合法律事務所の特徴

解決に向けたロードマップを提案

法律の条文から型にはめたように正解を求めることができない人事・労務問題。

土屋総合法律事務所では、人事・労務問題に対して長年蓄積されてきた裁判例を詳細に分析。その上で労働者のつらさや怒りに寄り添いながら、何が現場で問題になっているのかを正確に把握。そして条文からは読み取ることのできない専門的な知見から、問題解決へのロードマップを策定・選択して提案します。

過払い金返還請求の先駆者

土屋総合法律事務所を設立した故・土屋公献弁護士は「人の権利を擁護するのが弁護士の仕事だ」を口癖に、数多くの事件に携わり多くの実績を残しました。中でも過払い金返還請求がまだ世間には一般的に認知されていなかった昭和43年11月、最高裁判決を勝ち取っています。この最高裁判決がきっかけとなり過払い金返還請求が流布されるように。「困っている人を全力で助ける」というモットーを自ら体現しています。

参照元:債務整理・過払い金ネット相談室/過払い金返還請求最大判昭和43年11月13日(http://www.shakkinseiri.jp/kabarai/s431113.html)

それから約半世紀。今は亡き土屋弁護士と共同で事務所を運営していた高谷進弁護士が現在の新たな代表となり、一件一件に全力で取り組む土屋弁護士の理念を受け継いで業務にあたっています。

労働問題の高額回収事例がある
東京の弁護士事務所をCHECK

土屋総合法律事務所の所属弁護士

参照元サイト:土屋総合法律事務所/弁護士紹介(http://www.tuchiya-law.com/lawyer/)

所属弁護士名と所属弁護士会

土屋総合法律事務所の
事務所情報

事務所名 土屋総合法律事務所
取扱業務 建築紛争・欠陥住宅、不動産トラブル、債権回収・企業間トラブル、企業再生・整理・借金問題、企業における予防法務、人事・労務問題、獣医師のトラブル、寺社に関わる問題
所属弁護士会 第二東京弁護士会
所在地 東京都中央区銀座1丁目8番21号 第21中央ビル6階
アクセス JR「有楽町駅」より徒歩約5分
JR「東京駅」より徒歩約10分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」7番出口より徒歩約1分
東京メトロ銀座線「京橋駅」2番出口より徒歩約2分
東京メトロ浅草線「宝町駅」A4出口より徒歩約4分
東京メトロ各線「銀座駅」A13出口より徒歩約5分
受付時間/th> 9:30~17:30