労働問題を扱う弁護士事務所リスト【東京】残業代未払い・不当解雇など » 労働問題に力を入れている都内の弁護士事務所 » 弁護士法人はるかぜ総合法律事務所

公開日: |最終更新日時:

弁護士法人はるかぜ総合法律事務所

弁護士法人はるかぜ総合法律事務所は、麹町および虎ノ門で平成29年2月に弁護士法人化されました。以来幅広いニーズに合わせたリーガルサービスを提供。労働問題の対応を中心にご紹介いたします。

弁護士法人はるかぜ総合法律事務所の
労働問題の料金体系

民事事件の場合

相談料 記載なし
着手金および報酬金 経済的利益による。
  • ~300万円:着手金8.8%、報酬金17.6%
  • 300万円~3,000万円:着手金5.5%+9万9,000円、報酬金11%+19万8,000円
  • 3,000万円~3億円:着手金3.3%+75万9,000円、報酬金6.6%+151万8,000円
  • 3億円~:着手金2.2%+405万9,000円、報酬金4.4%+811万8,000円

※公式HP記載の税抜き価格に10%分の消費税を加算した金額です。

※事件の内容により、30%の範囲内で増減額することがあります。着手金の最低額は10万円です。

弁護士法人はるかぜ総合法律事務所の
労働問題解決事例

弁護士法人はるかぜ総合法律事務所の労働問題関連の事例はWeb上にありませんでした。

残業代未払いや不当解雇など労働問題で実績のある弁護士事務所を見る

弁護士法人はるかぜ総合法律事務所の
特徴

安心して相談できる法律事務所

弁護士法人はるかぜ総合法律事務所には4つの方針があります。相談者の利益を第一に考えた「依頼者利益の追求」、トラブルの早期解決のための「迅速丁寧な対応」、法律に詳しくない相談者に対しても見解、回答、方針を相談者が納得できるまで伝える「わかりやすい説明」、経済状況に応じて依頼しやすい「柔軟な費用設定」、この4つです。

可能な限り相談者の立場に立って、抱える悩みを解消していきます。

虎ノ門ヒルズの目の前でアクセス良好

現在は虎ノ門ヒルズのすぐ近くに事務所を構えている弁護士法人はるかぜ総合法律事務所。出発点は平成25年、飯田橋に開設された小さな個人事務所でした。そこからコツコツと多くの相談者の問題を解決していくうちに厚い支援を受け、虎ノ門に拡張移転。今でもどんな問題にも全力で取り組む姿勢は変わっていません。

労働問題の高額回収事例がある
東京の弁護士事務所をCHECK

弁護士法人はるかぜ総合法律事務所の
所属弁護士

参照元:弁護士法人はるかぜ総合法律事務所/弁護士紹介(http://www.harukaze-law.com/lawyer.html)

所属弁護士名と所属弁護士会

弁護士法人はるかぜ総合法律事務所の
事務所情報

事務所名 弁護士法人はるかぜ総合法律事務所
取扱業務 一般民事事件、消費者事件、交通事故事件、医療過誤事件、クレサラ事件、家事事件、刑事事件
所属弁護士会 東京弁護士会
所在地 東京都港区虎ノ門3-8-26 巴町アネックス4階
アクセス 東京メトロ虎ノ門駅2番出口 徒歩5分
受付時間 平日10:00~19:00