労働問題を扱う弁護士事務所リスト【東京】残業代未払い・不当解雇など » 労働問題の種類と解決事例

公開日:|最終更新日時:

労働問題の種類と解決事例

賃金未払い(残業代、退職金)

労働者には、働いた分の賃金を会社から支払ってもらう権利があります。残業代が不支給になっていたり、退職金が出なかったりした場合は、しっかり会社に請求しましょう。残業代請求が認められるために重要なのは、勤務時間を証明する証拠です。出勤簿やタイムカードだけでなく、日記やメールも証拠となる可能性があり、早めに弁護士に相談することが大事です。高額の解決金が支払われたケースと共に、どんな手順で請求していくのかを紹介します。

ハラスメント

職場で適正な範囲を超えた厳しい叱責をされるパワハラ、上司などの性的言動で就業環境を害されるセクハラなど、ハラスメント被害に遭った時は、相手にやめるよう求め、会社にも何らかの対処をするよう請求します。退職に追い込まれた場合など訴訟も視野に入る場合は、早期に弁護士に相談し、行為や被害の証拠を集めておくのが賢明です。妊婦が被害者となるマタハラなども含め、解決に向けた手順はどんな形になるのか、過去の事例と共に見ていきます。

不当解雇

法令や就業規則の規定に従わず、会社側の都合で一方的に解雇された場合、不当解雇となる可能性があります。理不尽な解雇をされた場合は、会社に解雇理由証明書を請求します。記載されている解雇理由が曖昧で事実と違っているなどした場合、解雇の撤回を請求できる可能性があります。早めに弁護士に相談して準備すべきです。金銭的解決を求める場合はどう進めるのか。何の資料が証拠として必要なのか。過去の解決事例と併せて検討します。

労働契約の不利益変更

労働者の同意なく、労働契約の内容である労働条件を変更することは原則的にできません。労働者にとって不利益となる変更であればなおさらで、この不利益には賃金や退職金の削減だけでなく、労働時間の延長や休日の削減なども含みます。また、労働者の同意が、解雇をちらつかされるなど、自由意思に基づかないものである場合は無効となる可能性もあります。労働条件の変更を撤回させるにはどうすればいいのか。過去の事例を紹介しながら考えます。